スタッフブログ

BLOG

2019.09.20

建築会社・工務店・ハウスメーカー

建築会社コンサルティング

【新築住宅】【家づくり相談】【火災保険】

千葉県での台風15号による住宅被害が

9720棟になったと発表がありました。

全壊23棟、半壊419棟、一部損壊9166棟、

床上浸水46棟、床下浸水66棟となっている。

現在、18日時点での住宅被害の総数は6393棟だったが、

約1.5倍に増えている。

一方、停電に伴う断水被害は解消が進み、

県全体で2818戸まで減っているようです。

近年台風だけではなく、地震などの災害が増えてきている中

新築住宅の建築に際しては火災保険の加入内容もしっかり検討したいですね。

この記事を書いた人:南 ーアドバイザーー

大手ハウスメーカーにて、営業職として新築住宅販売事業に従事。 北海道の住宅会社の情報や、住宅ローンなど住宅営業で培ったノウハウを生かし、幅広い提案を行います。