スタッフブログ

BLOG

2020.02.22

MUSBUのサービス

アドバイザー

むすぶの相談ゲストさん

第三者の立場で間に立つこと、それだけでお力になれるようです

布広尚幸

「やっぱりあなたがいて下さって、すごく安心するわ」

昨日頂いた、相談者さんからの有難いお言葉です。

 

当たり前のことを行っただけなので少し照れ臭いですが、純粋に嬉しいものですね、やはり(笑)。

 

と同時に、改めて気付かせても頂きました。

そうなのです。

施主さん(相談者さん)と請負会社さんの間で我々が「むすび役」を担う事、それがいかに重要かという事を。

 

具体的に私が行ったことは、施主さんがご要望されている

工期のスケジュール感全体像を来週までにご提示いただく事

ただそれだけを念押しし、請負会社さんサイドにお約束して頂いた事でした。

 

リノベーションした新店舗で春から営業再開予定の割烹料理店。

その店主でもある施主さんは、

・常連さんにお出しする新店舗の案内ハガキを準備したい

・繁忙期を極力回避して引越コストを極力圧縮したい

この2点が気になっていらっしゃったのです。

 

もちろん、当事者間でもお話はされてはいたようです。

ですが、打合せ現場でお話することは意外と山ほどあったりします

伝えたつもりだけど、忘れずにやってくれるかしら、なんて不安はちょくちょく出てきます。

 

失礼かも知れませんが、

施主さんは割烹料理のプロフェッショナルではありますが、建築工事に関しては素人です。

請負会社さん側にしても、空間を創り上げるプロではあってもコミュニケーションについては必ずしも長けてるとは限りません。

(大概は、ですが)

 

ここの間をむすぶのが、我々の存在なのです。

その立ち位置が、お役に立てていると思うのです。

 

そして今回のケースでも、

スケジュール提示という実際の要件が満たされたことはもちろんですが、

いざというときに相談に乗ってもらえる

解決に導いてくれる

そういった立場として、安心感をお感じ頂けたようなのです。

 

「やっぱり必要なサービスですね」

続けて頂いたお言葉です。

それこそ照れ臭すぎますが、誇らしい気持ちを感じさせていただく事ができました。

 

有難うございます。

精進あるのみ、です。

この記事を書いた人:布広尚幸 ー代表ー

北海道大学を卒業後、株式会社リクルートへ入社。 高校生の進路選択、大学生の新卒就職、社会人の転職、そして住宅建築と、様々な業界に携わり、SUUMO支社注文住宅営業部部長を務めた後、退職。 株式会社MUSBUプラットフォームを設立。