家づくりコラム

COLUMN

写真

住宅ローン

【住宅ローン】どの金利タイプを選ぶか!?

住宅購入の際に利用する「住宅ローン」。

金利タイプも様々なため、「どの金利タイプにするのか」を悩むお客様も沢山いらっしゃいます。

 

金利タイプですが、大きく分けると「金利変動なし」か「金利変更あり」2パターンに分類されます。

 

さらに「金利変動あり」パターンの中には、定期的に金利が見直しになる「変動金利型」、

一定期間借り入れた当初の金利が変わらない「固定金利期間選択型」があります。

金利変動あるタイプのうち、北海道の利用者は「固定金利機関選択型」を利用しているケースが多いです。

3年固定、5年固定、10年固定などと呼ばれているのがこの「固定金利期間選択型」ですね。

 

 

メリット・デメリットはそれぞれです。

 

どういった判断基準で選ぶのかは諸説ありますが、

【全期間固定金利型が向いているタイプ】

・景気の情勢に左右されたくない人、

・将来教育費などの支出増加を見込んでいる人

・毎月一定額を返済するという安心感・安定感を感じたい人

【変動金利型が向いているタイプ】

・借入希望金額が少ない人

・借入希望期間が短い、もしくは繰り上げ返済を利用する人

・将来的に収入増加の可能性が高い人

ということがあげられます。

 

住宅ローンをどのように組んだら良いか、詳細のご提案も可能ですので、

ご質問等ございましたら、「住まいの無料相談窓口むすぶ」までお問合せください。