家づくりコラム

COLUMN

写真

その他

不動産売却

高齢者の住まいについて

こんにちは。

今日は高齢者の住まいについて少しお話させていただきます。

 

先日、いらしたご相談者様。

「もう1人で生活しているし、雪かきも大変なので家を売って高齢者向け住宅に入居したい」

 

実際おうちに伺ってみますと、ちょうど雪かきをしていらっしゃいました。

近くに融雪槽があるものの、そこまで雪を運ぶのも一苦労。

体調を崩したこともあり、このまま継続するのは大変だろうなと感じました。

 

自宅の売却を仲介する会社をご紹介させていただき、

今後ご相談者様がお住まいになるサービス付高齢者住宅の相談にものらせていただきました。

 

高齢者の方がご自宅でお過ごしになられる場合、様々な施設がございます。

施設名特徴自立要支援要介護その他自由度
介護付き有料老人ホーム介護保険の指定を受けた老人ホーム。××65歳以上の要介護者×
住宅型有料老人ホーム生活支援主体で、介護は外部サービスを利用。60歳以上の自立高齢者
健康型有料老人ホーム自立できる人向けで生活支援中心で老後を楽しく暮らすためことが中心。60歳以上の自立高齢者
サービス付高齢者向け住宅生活支援中心の賃貸住宅。介護度が高くなると退去しなくてはならない場合も。60歳以上の高齢者
グループホーム地域密着型サービスの一つで、認知症高齢者を対象に少人数で共同生活をする施設。×認知症診断を受けた要介護者×
特別養護老人ホーム
(特養・介護老人福祉施設)
介護度が高く、在宅で介護できない人向け。終身利用でき、費用も割安なため、待機者が多い施設。××65歳以上の要介護者×
介護老人保健施設(老健)在宅復帰を目標にリハビリを行う施設。入居期間は3ヶ月~1年程度。××65歳以上で要介護1以上×
介護療養型医療施設比較的重度の要介護者に対し、充実した医療処置とリハビリを提供する施設。××65歳以上で要介護1以上×

ケアハウス(軽費老人ホーム)

独立して在宅生活が困難な人向けに比較的安い料金で、日常生活のサポートを受けられる施設。60歳以上の自立高齢者
養護老人ホーム介護の必要性に関係なく環境的・経済的に在宅で生活することが困難な高齢者を対象した施設。経済的理由で困窮している

 

今回のお客様は自立して生活できることから「サービス付高齢者向け住宅」に入居することになりました。

住まいに関するお悩みがございましたらぜひお気軽にご相談ください。

 

同じカテゴリの記事