家づくりコラム

COLUMN

写真

リフォーム

新築

注文住宅

【注文住宅・新築】対面キッチンのタイプのメリット・デメリット

住まいづくりの中で、こだわりたいポイントの上位にくる「キッチン」

タイプは様々ありますが、今回は「対面キッチン」を前提にタイプとメリット・デメリットをご紹介します。

タイプイメージ

I型キッチン

 

キッチンの前にカウンター(腰壁)がある

 

 

オープンキッチン

(ペニンシュラキッチン)

 

左右のどちらかが壁にくっついたキッチン。

アイランドキッチン

 

キッチンと壁が接する部分が無く、島のようになっているキッチン

 

メリットデメリット
I型キッチン

対面キッチンとして家を見渡せつつも手元を隠すことができる。

腰壁部分は高さ調整が可能。カウンター・コンセントの設置・調味料要れなどの工夫が可能。

油・水はねが少ない。

アイランド型やオープンタイプと比べると開放感が少ない

オープンキッチン

(ペニンシュラキッチン)

アイランドキッチンよりも間取りの制約を受けにくい。

開放感もあり、作業スペースも広い。

動線は上記I型キッチンと同様。

手元が丸見えなので、キッチンを綺麗に保つ必要がある。

腰壁が無いため、油・水はねの影響を受けやすい

アイランドキッチン開放感があり、周囲をくるくる回ることが可能なため、配膳のときなど移動の自由度が高く便利。

I型やオープンキッチンと比較して、スペースを多く使うため、LDKが大きくなってしまう。

手元が丸見えなので、キッチンを綺麗に保つ必要がある。

腰壁が無いため、油・水はねの影響を受けやすい。レンジフードの配管が長くなる。

上記2つに比べて設置費用・建築費用は高くなる。

 

どんなキッチンにしたいか、実際に住んだときのことをイメージして、要望を整理しましょう、