家づくりコラム

COLUMN

写真

新築

注文住宅

「地鎮祭」やるべきか?費用や時間は!?

契約が終了するといよいよ工事がはじまります。

そこで「地鎮祭をやるのか」という選択をしなくてはなりません。

式の意味や何をやるのか、費用や時間など理解した上で判断すると良いですね。

 

【目的】

住宅建築の工事を始める前に、その土地の神様である氏神様を鎮め、土地を利用させてもらう許しを得る儀式です。

したがって、工事の安全や建物・家の繁栄を祈る儀式です。

 

 

 

↑お供え物は個人で準備すると大変ですが、こちらもまとめて手配してくれます。

【費用】

地鎮祭の費用は神主への謝礼が2~3万円(別途お車代で5千円~1万円)、お供え物の費用が1~2万円前後で計3~5万円前後が一般的です。

「玉串料」あるいは「初穂量」と書いたのし袋の入れます。お車代は別途白封筒に「お車代」としてお渡しいたします。

どの神社に依頼するのか、建築予定地なども考慮し、建築会社に相談することをお勧めいたします。

【当日の流れ・所要時間】

1.開式の辞

地鎮祭の開始の挨拶

2.修祓(しゅうばつ)の儀 
地鎮祭の参加者や祭壇、お供え物をお祓いします。白い布がついた棒を神主がもって左右にばさばさとやります。受ける人は起立して深く頭を下げます。

3.降神(こうしん)の儀
神主さんが神様を呼びます。

4.献饌(けんせん)
神様にお供え物(お酒と水)をお供えします。

5.祝詞奏上(のりとそうじょう)
工事の安全と家の繁栄を祈願する祝詞を、神主が関係者の名前と一緒に読み上げます。

6.四方祓(しほはらい)
土地の四隅をお祓いをして清めます。

 

7.地鎮(じちん)の儀
鎌で草を刈り(苅初の儀)、建て主が鋤で土をおこし(穿初の儀)、施工者が鍬でおこした土をならします(土均の儀)。順番や誰がどの儀をするのかは地域差があるようです。終わると神主が鎮め物を納めます。

8.玉串奉奠(たまぐしほうてん)
榊の枝に紙垂をつけた玉串というものを神様に捧げます。

神主さんから玉串を渡されます。玉串は根元を持ち、葉先の下に手を添えます。

玉串の根元を神前に向け玉串をおきます。その後、「二礼二拍一礼」を行います。

 ①二礼:2回お辞儀をします。

 ②二拍:顔を上げて2回、拍手をします。

 ③一礼:お辞儀を1回します。

 

 

9.撤饌(てっせん)
最初にお供えしたお酒と水に蓋をして、お供え物をお下げします。

10.昇神の儀(しょうじんのぎ)
神様にお帰りになっていただくための儀式です。

11.閉式の辞
地鎮祭が終了します。

12.神酒拝戴(しゅんしはいたい)

杯にお神酒を注ぎ、神主さんの合図で乾杯を行います。

 

何だか難しそうに書いてしまいましたが、神主さんが指示を出してくださるのでご安心ください。

所要時間は20~30分くらいが一般的です。

 

【地鎮祭はやるべきなのか?】

最近は地鎮祭を行わないことも多いですので、ご自身のご判断になります。

施主様はやらなくていいと思っていたけど、親御さんなどからやるべきだと言われたので実施するという方もいらっしゃいます。

 

後々、何か起こった時に「あの時地鎮祭をしなかったからかな」と悩みそうであれば、実施しておいた方が気持ちも楽かもしれませんね。