家づくりコラム

COLUMN

写真

土地

新築

建てる家の大きさを決める 建ぺい率と容積率

家を建てるとき、その大きさを決めるのが建ぺい率と容積率です。

そもそもは、都市計画法の一部として地域の用途性が定められており、建てたいと思っている地域の(定められた)用途によって制限が設けられています。(土地の前面道路幅によっても変動)

建ぺい率とは、敷地面積に対する建物の建築面積の割合。

例えば、敷地面積が100㎡で建築面積が40㎡の場合は、建ぺい率が40%。

一方、容積率とは、建物の延べ床面積合計の割合。簡単に理解するとすれば、1階と2階の床面積合計を敷地面積で割った割合です(正確にはそれに100をかけたパーセンテージ)。

例えば、敷地面積が100㎡で1階の面積が40㎡で2階の面積が40㎡の場合は、容積率は80%。

建物の日当たりの確保や災害防止などを目的として制限されており、この「ルール」の面積範囲内にて、おうちを建てることになります。

土地選びを行う際は、この「ルール」を知っておいてください。

 

余談ですが、これまで「むすぶ」で家づくりをお手伝いしてきたゲストさんの中にも、この土地の「ルール」で結構難しいプランニングを余儀なくされたご家族がいらっしゃいました。

パートナーとなる建築会社さんが優秀な設計プランナーを擁しており、何とか無事に、難しい中でも素晴らしいおうち作りに着手することができたのですが(苦笑)。

同じカテゴリの記事